世界一簡単な俳句の作り方

俳句の作り方

夏の季語「紫陽花(あじさい)」

投稿日:

夏の季語「紫陽花(あじさい)」

歳時記によると、

ユキノシタ科の落葉低木。6月~7月、枝先に多数の花が半球状に集まって咲く。観賞用として庭などに植えられる。
白~淡い緑~紫・薄紅と色が変化するので七変化とも呼ばれる。

とある。いわゆる梅雨時分に咲く花で、蝸牛(カタツムリ、これも夏の季語)との組み合わせは定番と言ってもいいんじゃないでしょうか?

ポイントとしては庭に植えられるというところが重要です。

人間の生活と馴染み深い植物であるということですね。つまり生活のことやモノと上手く組み合わさると成功しそうです。

また、文語では「あじさい」→「あぢさゐ」となってちょっと味わい深くなります。
こういう字「ゐ」や「ゑ」を使いたくて文語で俳句を作ってる人も結構います。

※文語と口語についてはこちら

紫陽花の例句

子の傘の紫陽花よりも小さくて 田中裕明

よほど小さい傘なのだなぁと思うのですが、どうでしょう?そんなに小さいですかね?いくら子供用でも紫陽花よりは大きいんじゃないでしょうか?

でも、紫陽花の球体って花にしては大きい。子供の傘が傘にしては小さい。
それぞれの作用がそんな風に感じさせたのかも知れません。季語の「紫陽花」が句の真ん中に入ってるのがお洒落です。

ゆあみして来てあぢさゐの前を過ぐ 山口誓子

「ゆあみ」というのは「湯浴び」のことです。恐らく銭湯とかでしょう。
山口誓子というのは超有名俳人。レジェンドなわけですが、少し昔の人です。だから、家にフロがない家庭も多かった。銭湯がそこら中にあってみんなそこへ通ってたわけです。つまり日常のこと。

つまり「湯上がりであぢさゐの前を通った」ということだけなのですが、なんとなく艶っぽくないですか?
紫陽花という花は派手な色合いの割にちょっとぼんやりした印象を受けます。

それは雨にうたれている姿をよく見るからで、その雨の飛沫によってぼんやり見えるんですよね。それがなんとなく女性を思わせるというか、アンニュイな感じがあるというか。大好きな句です。

あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢

若手俳人、山口優夢の句です。
上にも書きましたが、紫陽花は色合いの割にイメージがぼんやりしています。そういったみんなが知ってるなんとなくのイメージを一句に落としてるというところが凄いですね。

残像というのも記憶に残る割に実態が掴めません。

また紫陽花は庭によく植えられていますよね。路地を歩けばそこそこに咲いています。
なんとなく、見たような見てないような。あの辺でいくつか咲いてたっけ?そもそもどの道を通って帰ってきたんだっけ?

繰り返してることはあまり記憶に残りません。紫陽花もすれ違った人々も…。
儚げで美しい名句です。

-

Copyright© 俳句の作り方 , 2018 All Rights Reserved.